フラバンジェノール 松

フラバンジェノールは海岸松から抽出されたポリフェノール成分

フラバンジェノール 松

 

フラバンジェノールは、フランス南西地区の海岸松から抽出したポリフェノール成分のこと。

 

フランス南西地区の海岸松にはポリフェノールが多く含まれていて、画像のように樹皮の色が紫がかった色をしています。

 

フラバンジェノール 松

 

私たちが知っている松とはずいぶん雰囲気が違いますよね。

 

 

フラバンジェノールという成分が知られ始めたのは最近のことですが、フラバンジェノールの歴史は思ったより古く、大航海時代(16世紀)にまでさかのぼります。

 

フランスの有名な探検家「ジャック・カルティエ」のクルーが壊血病に苦しんでいた際、松の樹皮などを煎じたお茶を飲んで九死に一生を得たというエピソードが残っています。

 

このお茶は探検隊のクルーが北米を訪れた際、先住民からもたらされたものでした。当時は松の樹皮を健康維持成分として用いていたそうです。

 

フラバンジェノールの歴史をさかのぼると、こんな古い時代に原点があったなんて驚いてしまいますよね。

 

 

フラバンジェノールの主成分は「OPC」

 

OPCは「オリゴメリックプロアントシアニジン」と呼ばれる物質で、フラバンジェノールの主成分でもあります。

 

その昔はピーナッツの薄皮からOPCを抽出していましたが、ピーナッツの薄皮の入手が難しくなったことから、他の成分を探さなければならなくなりました。

 

その結果、海岸松の樹皮にOPCが豊富に含まれていることが、ボルドー大学名誉教授のジャック・マスケリエ博士によって発見されました。

 

当時は健康維持成分として活用されていましたが、現材では「フラバンジェノール」という美肌成分としても注目されています。

 

 

フラバンジェノールの安全性について

 

まず大前提として、フラバンジェノールには大きな副作用は報告されていません。美肌作用に関してはいろいろな研究結果が報告されていますが、肌に異常をきたしたり、健康を損なうといった報告はないそうです。

 

美容成分ですから、人によっては肌に合わないケースも当然あります。でもフラバンジェノール化粧品の口コミをみてもほとんどの人がトラブルなく使用できているので、比較的安全性の高い成分と判断できるのではないでしょうか。

 

もともとは健康維持に用いられた成分なので、安全性についてはそれほど心配する必要はなさそうで安全性がしっかり確認されているからこそ、市場に出回っているとも考えられますね。

 

 

安全性に関する使用上の注意

 

フラバンジェノールの安全性について、私たちユーザーはそれほど心配する必要がないとお伝えしました。これは研究結果でも実証されている通りです。

 

ただ頭に入れておきたいのは、「一定の量で使用している場合」なら安全性に問題がないということ。

 

もしフラバンジェノールを過剰に摂取した場合、肌になんらかのトラブルが発生する可能性も否定できないということですね。

 

市販のフラバンジェノール化粧品を使用する分にはまったく問題ないと思いますが、先々フラバンジェノールを使ったコスメを自作できるような環境になったら注意する必要はありそうです。

 

 

またフラバンジェノールが海岸松の樹皮から抽出した成分なので、松に特化したアレルギーを持っている人は注意した方がいいと思います。

 

フラバンジェノール7日間トライアルの詳細はこちら