フラバンジェノール 妊娠中

フラバンジェノールは妊娠中・授乳中でも使えるの?

フラバンジェノール 妊娠中

 

フラバンジェノールは比較的新しい成分ですから、妊娠中、授乳中の使用に不安を感じている人もいるかも知れません。

 

結論からいうと、フラバンジェノールは海岸松から抽出された天然由来のポリフェノール成分なので、基本的には副作用はなく妊娠中、授乳中の使用も問題ないとされています。

 

 

それでも妊娠中、授乳中は、赤ちゃんの安全が最優先。念のため、フラバンジェノール化粧品は妊娠中・授乳中に使用しても問題ないのか、販売元のフォーマルクラインに確認してみました。

 

下記がフォーマルクラインからの回答です。

 

 

当社の配合成分であるフラバンジェノールについて、薬品ではありませんので副作用はございません。ポリフェノールの一種でございますので妊娠中・授乳中のご使用も問題はないと思われます。

 

ただし、化粧品ですのでお肌に合うかどうかは個人差がございます。まして妊娠中・授乳中ですと、体質の変化により今まで気に入って愛用していた化粧品が使えなくなる方もいらっしゃいますので、念のためパッチテスト等で確認してからのご使用をお勧め致します。

 

引用:フォーマルクラインからの回答

 

 

このように、フォーマルクラインからとても親切丁寧な回答がありました。フォーマルクラインからの回答をまとめると、下記のように判断できそうです。

 

  • フラバンジェノールは妊娠中・授乳中に使用しても問題ない
  •  

  • 妊娠中は肌がデリケートな時期なのでパッチテストで様子を見た方がいい

 

 

少なくとも妊娠中、授乳中にフラバンジェノールを使用したからといって、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配はなさそうですね。

 

気を付けることは念のためパッチテストで様子を見ながら使用すること。特に敏感肌の人でなければ心配なさそうな気もしますが、トライアルセットもあるので自分お肌に合うかどうか試してみた方が安心でしょう。

 

 

妊娠中にシミが増えるのはなぜ?対処法はあるの?

 

妊娠中にシミやそばかすが増えてしまう女性は多いですが、その原因はホルモンバランスの乱れが大きく影響しているといわれています。

 

妊娠中は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加することで、シミの原因になるメラノサイトの働きが活発になります。少し紫外線を浴びただけでもシミになりやすいのはこのためです。

 

出産後、ホルモンバランスが整ってくると落ち着く場合が多いですが、人によっては出産後もシミが残ってしまうケースもあるそうです。

 

 

妊娠中にシミを増やさないためには、下記の対処法が有効とされているので参考にしてください。

 

 

【1】紫外線対策を徹底する

 

ホルモンバランスの乱れから紫外線の影響を受けやすい状態なので、シミを増やさないためには徹底的に紫外線対策をする必要があります。帽子や日傘はもちろん、日焼け止めクリームなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。

 

 

【2】ビタミンA、ビタミンCを摂取する

 

ビタミンAには新陳代謝を促進させる働きがありますし、ビタミンCにはメラニンの働きを抑制する作用があります。体内からシミを予防するためにも、普段の食事から積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

【3】スキンケアで肌を整えてあげる

 

毎日のスキンケアでシミができにくい肌状態にしてあげることも忘れてはいけません。妊娠中の肌はデリケートなので、低刺激で肌に負担を掛けないスキンケアで肌を整えてあげましょう。

 

 

フラバンジェノールは妊娠中も問題なく使用できますし、シミケアにも効果的なのは研究で明らかになっています。妊娠中のシミケアにはピッタリの化粧品ですね。

 

フラバンジェノール化粧品の詳細はこちら